すべての特集一覧

学生×学長 多文化共生社会で「つながる」「つなげる」~Co-Livingという形~

2019年11月に国連大学本部(東京都)において行われたSDGs達成に焦点を当てたビジネスモデルやアイディアを競うコンテスト「ソーシャル・イ…

闇と声

真島 一郎  爺さんが慾にかられて猫の鳴きまねをしたとたん、鼠の里が「辺り一面まっ暗闇となる」結末に、幼いころどれほど慄然としたか、その感覚…

Humans of TUFS 「ペルシア語・イラン地域専攻学生の主体的な学びの場をつくりたい」イラン研究学生機構(J-SOIS)田代智恵子さん・村山木乃実さん

「イラン」と聞いたとき、あなたは何を思い浮かべますか? …「危険な国」「なんだか怖い」。緊迫したイラン情勢が毎日のように報じられる今、そんな…

「この人たちのことばである言語、と関わる」 中山俊秀教授インタビュー

言語学との出会い ——本学のご出身だと伺いました。なぜ本学を受験しようと思ったのですか。 高校時代、興味があることは…

さまざまな分野を英語でディスカッション!アメリカとのオンライン授業 ~担当教員・参加学生インタビュー〜

昨今ではテクノロジーの発達にともない、教育現場でもICT*1の活用が推進されています。本学でも、ICTを用いた教育手段として、インターネット…

ゆく年くる年〜TUFSの2019を振り返り、2020を迎える〜

2020.1.1更新 学長新年メッセージ 新年、あけましておめでとうございます。 2020年という区切りのよい年を迎えました。東京でオリンピ…

〈樹じたい〉、フランク・ザッパ、李白 〜覚醒と美のフローやがて抗熱のち哄笑(続)〜

橋本 雄一  いつも行く道に必ず確認する一本の樹がある。巨大だ。川べりに立つ。 _その樹に近づいたことが無い。近づけない。いつも電車の中から…

研究室の「秘宝」、お見せします!:ガルシア・マルケスのサイン本 ~久野量一准教授インタビュー~

東京外国語大学の研究室には、実に様々な「秘宝」が隠されています。それらは研究者の旺盛な知的活動を物語る宝でもあり、人生を象徴する宝でもありま…

1・2年生、単位認定インターンシップに行ってきました!

従来は就活を考えるためのインターンシップが主流でしたが、最近では、1・2年生のうちに、自分のキャリアを考えるための就業体験としてのインターン…


to top - トップに戻る