中央ユーラシア史研究入門

2018年4月
小松久男・荒川正晴・岡洋樹(編)
山川出版社

内容の紹介

本書は、テュルクやモンゴルなどの騎馬遊牧民の活動で知られ、世界史の変動の震源地となった中央ユーラシアの歴史に関する内外の研究動向をまとめたものです。全9章からなり、第1章の「騎馬遊牧民の誕生と発展」から第9章の「帝政ロシア・ソ連時代およびソ連解体後」までの各章によって、広大かつ多彩な中央ユーラシア史の展開のほぼ全体をカバーしています。この一冊で、日本のみならず世界の研究者がこれまでどのような研究をしてきたかを一望することができます。そうすれば、これから新しい研究テーマを着想するのに役立つことでしょう。

執筆者のコメント

小松久男(世界言語社会教育センター)
この本は、これから中央ユーラシア史の研究に取り組みたいと考えている人、あるいは中央ユーラシア史研究の今を知りたいという人のために書かれています。これを手がかりに、中央ユーラシア史研究の大海に乗りだす人が増えてくれることを願っています。私は冒頭の総説を担当しました。


前のページに戻る

to top - トップに戻る