Visualising multilingual lives: More than words

2019年4月
P. Kalaja & S. Melo-Pfeifer (編)海野多枝(分担執筆)
Multilingual Matters

内容の紹介

本書では、アジア、オーストラリア、ヨーロッパ、南米の言語教育学研究者による、写真、絵、動画などの視覚的媒体を活用した革新的な15の研究を通じて、マルチリンガルの自己、言語学習、言語教育にまつわる多様な問題を掘り下げている。

書評

A path-breaking book for multilingual classrooms in the 21st century! The 15 chapters, expertly edited by Kalaja and Melo-Pfeifer, offer cutting-edge research on multilingual subjects and a range of truly innovative pedagogies for teachers. This book will inspire researchers investigating the role of visual literacies in multilingual education and will transform the experience of teachers committed to a deeper understanding of the multilingual lives of newcomer students and multilingual learners worldwide. This volume is bound to become a major reference in the fields of language education and teacher education.― Christine Hélot, University of Strasbourg, France

執筆者のコメント

海野多枝(大学院国際日本学研究院)
オーストラリア・マッコーリー大学のPhil Benson教授と共同で、第10章Study abroad in pictures: Photographs as data in life-story researchを執筆しました。日本に留学中の日本語学習者の事例を通じて、留学中の第二言語アイデンティティの問題を取り上げ、写真データとナラティブの分析を行いました。本書全体を通じて、近年、応用言語学の分野でうかがわれるmultilingual, narrativeへの2つの方向転換に加えて、3つめのvisualへの方向転換の統合を試みています。第二言語習得、言語教育学、マルチリンガリズム、あるいはvisual methodsなどに関心のある方々にお読みいただければと思います。


前のページに戻る

to top - トップに戻る