祈り

2018年3月
フリードリヒ・ハイラー(著)、丸山空大・宮嶋俊一(訳)
国書出刊行会

内容の紹介

古今東西の資料を博捜して祈りを「類型化」したドイツ宗教学確立期の代表的作品であり、預言者的・神秘主義的という宗教の2類型を提示したことでも知られる。いち早く現象学的発想を取り入れた本書は世界各国語に翻訳され、祈りに関する研究で本書に言及しないものはないと言っていい。1918年の初版刊行から100年を迎えてなされた本邦訳により、ここにその全体像が明らかとなる。


前のページに戻る

to top - トップに戻る