ベーシック英語構文文法

2019年10月
大谷直輝
ひつじ書房

内容の紹介

本書では、私たちが持つ言語知識は抽象性や複雑性が異なる様々なタイプの構文のネットワークからなると考える「構文文法」の考え方を紹介します。日常の言語経験から抽出された構文が私たちの言語活動を支えると考えることで、言語知識を文法と辞書に大別するという伝統的な言語観とは異なる言語の姿を捉えようとします。

著者のコメント

大谷直輝(大学院総合国際学研究院)
日本語で書かれた初めての構文文法の概説書です。学生の皆さんや言語好き、英語好きの皆さんに読んでいただければと思います。


前のページに戻る

to top - トップに戻る