東京外大教員の本

2018年以降に刊行された東京外国語大学教員の図書や本学研究プロジェクトの成果出版図書を紹介します。

世界の「こんにちは」

2021年4月19日
東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所(監修)
日経ナショナルジオグラフィック社

内容の紹介 世界各国の国家公用語(もしくはそれに準ずる言語)115言語によるあいさつを紹介した,小学生をおもな対象とした本です。アジア・アフ…

「世界の「こんにちは」」の詳細を見る

フクシマへの帰郷

2021年4月7日
アドルフ・ムシュク(著)野口薫、美濃部遊、エヴァ・ビリック(訳)
eブックランド

内容の紹介 ドイツ人の建築家パウル・ノイハウスは、古くからの友人のケンイチと妻ミツコからの招待に応じて日本を訪ねる。福島第一から40キロ離れ…

「フクシマへの帰郷」の詳細を見る

28言語で読む「星の王子さま」 世界の言語を学ぶための言語学入門

2021年4月5日
風間伸次郎、山田怜央(編著)
東京外国語大学出版会

内容の紹介 世界の名作を世界の言語でリレーする。 世界中さまざまな言語に翻訳され、愛読されている『星の王子さま』を言語学的に解説しました。言…

「28言語で読む「星の王子さま」 世界の言語を学ぶための言語学入門」の詳細を見る

学校を離れる若者たち-ヨーロッパの教育政策にみる早期離学と進路保障

2021年3月31日
園山大祐(編)布川あゆみ(分担執筆)
ナカニシヤ出版

内容の紹介 本書は、早期に学校から離れる若者たちに対して、ヨーロッパ諸国ではどのような対策が取られているのか、予防・介入・補償という観点から…

「学校を離れる若者たち-ヨーロッパの教育政策にみる早期離学と進路保障」の詳細を見る

標準韓国語文法論

2021年3月31日
南基心、高永根、劉賢敬、崔炯龍(著)五十嵐孔一(監訳)鷲澤仁志、松浦利恵、千代裕介、崔允智、姜詠里、根津祐希(訳)
ひつじ書房

内容の紹介 本書は韓国で出版された『표준 국어문법론』(原題訳:標準国語文法論)(2019、全面改定版)を日本語に翻訳したものです。1985…

「標準韓国語文法論」の詳細を見る

萌える人類学者

2021年3月22日
馬場淳、平田晶子、森昭子、小西公大(編)真島一郎、山内由理子(分担執筆)
東京外国語大学出版会

内容の紹介 人類学者は、フィールドで萌える。 フィールドで心を奪われた人類学者たちが、対象への強烈な愛着や情熱に導かれ、「萌えの光景」をつむ…

「萌える人類学者」の詳細を見る

地球経済入門 ―人新世時代の世界をとらえる―

2021年3月10日
妹尾裕彦、田中綾一、田島陽一(編)
法律文化社

内容の紹介 地球と人類の持続可能性が問われる人新世時代。地球上の経済活動を人類史的および根源的観点から捉えた世界経済論のテキスト。経済事象の…

「地球経済入門 ―人新世時代の世界をとらえる―」の詳細を見る

Q&Aでわかる外国につながる子どもの就学支援 ─「できること」から始める実践ガイド

2021年3月
小島祥美(編著)
明石書店

内容の紹介 国の調査で、日本に住む外国人の子どもの約6人に1人が不就学であると明らかになった。 「不就学児ゼロ」のために学校や地域で私たちに…

「Q&Aでわかる外国につながる子どもの就学支援 ─「できること」から始める実践ガイド」の詳細を見る

南スーダンの独立・内戦・難民――希望と絶望のあいだ

2021年2月25日
村橋勲(著)
昭和堂

内容の紹介 南スーダンの人々にとって、2011年の独立は希望への道標となるはずだった。しかし、人々が待ち望んだ平和は訪れず、独立後まもなく南…

「南スーダンの独立・内戦・難民――希望と絶望のあいだ」の詳細を見る

グローバル関係学 2 「境界」に現れる危機

2021年2月
松永泰行(編著)中山裕美、稲永祐介、イアン・カルシガリラ(分担執筆)
岩波書店

内容の紹介 科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)「グローバル関係学」(2016年度~2021年度、領域代表:千葉大学 酒井啓子…

「グローバル関係学 2 「境界」に現れる危機」の詳細を見る

to top - トップに戻る