Studying Peace and Conflict in Tokyo– Interviews with International Students from Afghanistan and Sierra Leone

東京で紛争と平和構築を学ぶ
アフガニスタンとシエラレオネからの留学生にインタビュー

Within the Graduate School of Global Studies at TUFS, there is the Master’s course on Peace and Conflict Studies, which researches on conflicts around the world from different perspectives and on post-conflict peacebuilding. (Established in 2004)
Five compulsory classes form the core of the MA course of study: “Core Seminar,” “Global Studies,” “PCS Research Methodology,” and “Thesis Seminar 1 & 2”. While taking such seminars, students may select the elective classes from diverse course offerings such as Peacebuilding, Crisis Management, Gender Issues, Human Security, Nationalism, to name a few.
We have around 120 graduates from close to 60 countries, working in the frontline of peace and conflict resolution activities at international organizations such as IOM, NGOs, research institutes, and governmental offices.
At TUFS Today, we asked students from Afghanistan and Sierra Leone, both currently pursuing their doctoral studies after completing the MA studies last year regarding their academic experience and life in Tokyo.

本学の大学院世界言語社会専攻には、世界各地の紛争を多角的な視点・手法から専門的に研究し、紛争後平和構築の諸条件や方法を探求する「Peace and Conflict Studies」というコースがあります(2004年設置)。
カリキュラムの基幹となるのが5つの必修科目です。Core Seminar(PCS研究基礎)、グローバルスタディーズ、PCS 研究方法論、そして修士研究1と2です。段階的な演習を履修しつつ、学生の関心分野に幅広く対応するため、選択科目として平和構築、危機管理、ジェンダー研究、安全保障、ナショナリズムなどの授業が開講されています。
これまでに、60ヵ国近い国からの留学生を迎え、すでに120名もの卒業生を送り出しています。卒業生の多くは、国際移住機関(IOM)等の国際機関、NGO、研究所、政府機関などで活躍しています。
今回のTUFS Todayでは、このコースに入学し現在は博士後期課程で研究を続けるアフガニスタンとシエラレオネからの留学生に、本コースでの学びや東京での生活などについて伺いました。

A scene from a session of PCS program. PCSの授業風景。

Interviewee / こたえた人
  • Mr. Mohammad Jawad Ali Aqa モハマド・ジャワド・アリ・アカさん (Afghanistan / アフガニスタン)
  • Mr. Wusu Conteh ウス・コンテさん (Sierra Leone / シエラレオネ)

——Why did you choose to study at PCS?
——PCSで学ぼうと思った理由を教えてください。

Mr. Mohammad Jawad Ali Aqa モハマド・ジャワド・アリ・アカさん

Mr. Mohammad Jawad Ali Aqa (hereinafter referred to as “Ali”) I was recommended by a previous student who had a really good experience, studying at the PCS. When I looked up the details, I was overly impressed by the whole thing PCS had to offer. The generous full-scholarship, multicultural environment, remarkable academic/practical qualification of the professors, and the selfless support I received from the staff at the PCS office in answering all my questions regarding the application process and life at the PCS.
モハマド・ジャワド・アリ・アカさん (以下、アリさん)以前PCSで学び、とても有意義な経験をした学生にPCSを勧められました。詳細を調べてみて、PCSのすべてに感銘を受けました。手厚い奨学金制度、多文化環境、教授方の優れた学歴・実務経験もそうですし、出願手続きやPCSでの生活に関する質問にすべて丁寧に答えて下さったPCS事務局の献身的なサポートにも感動しました。

Mr. Wusu Conteh (hereinafter referred to as “Wusu”) I was fascinated by the contents of the course that focuses on a broad range of contemporary issues of conflict, peace, development, and gender. I was further intrigued by the professors that have both academic and practical understanding of the program.
ウス・コンテさん (以下、ウスさん) 紛争、平和、開発、ジェンダーなどの現代的な問題を幅広く取り上げた授業内容に惹かれました。さらに、理論と実践の両方を兼ね備えた教授陣にも魅力を感じました。

Mr. Wusu Conteh ウス・コンテさん

——Please describe the PCS course in one phrase.
——PCSを一言で表すと、どんなコースですか?

Ali Comprehensive, thoughtfully designed, and Up -To-Date.
アリさん 包括的、綿密に練られた、そして時代に即したコースです。

Wusu A multidisciplinary course.
ウスさん 学際的なコースです。

——Which class did you enjoy most?
——どの授業が一番楽しかったですか?

Ali Gender and Peace. I was simply unaware of the significant role of sexuality in global issues. Understanding the constructed sociocultural perspectives on gendered sexuality, patriarchy, and governing sexuality was an eye-opener. The course made me self-reflect on some of my long-held understanding of gendered sexuality.
アリさん 「ジェンダーと平和」です。私はこの授業を受けるまで、国際問題においてセクシュアリティが重要な役割を果たしていることを知りませんでした。社会文化的な視点からジェンダー化、家父長制、そしてセクシュアリティの統治について学ぶことは、新たな発見でした。このコースは、私自身が長年抱いてきたジェンダー化されたセクシュアリティへの理解を見つめ直すきっかけにもなりました。

Wusu Two of the classes I enjoyed the most were PCS Research Methodology and International Relations and Corporations 3 (Religion, Identity, and Nationalism). The former provided me with a broader perspective on how to approach the real world with a rigorous scientific method. The latter enabled me to understand nation-state formation, globalization, and identity.
ウスさん 「PCS 研究方法論」と「国際関係と協力3(宗教、アイデンティティ、ナショナリズム)」の2つがとても好きでした。「PCS 研究方法論」では、厳密な科学的手法を用いて現実の世界にどのようにアプローチすればよいか、より広い視点を得ることができました。「国際関係と協力3」では、国民国家の形成、グローバリゼーション、アイデンティティに関して理解を深めることができました。

——Are there any events you enjoyed?
——楽しかったイベントはありますか?

Ali I enjoyed the alumni workshop. It was awesome to hear some authentic stories of successful alumni in managing their transition to work or higher academic pursuits.
アリさん 同窓生ワークショップが楽しかったです。同窓生の方々から、就職や進学を成功させるためのリアルな話を聞くことができたのがとても良かったです。

A scene from the alumni workshop. 同窓生ワークショップの様子。

Wusu One of the events I enjoyed the most was providing mentorship to the high school students on their “Peace Project” about world peace and denuclearization. This event provided me with an understanding of how young people perceive peace and their innovations to promote global peace and security. Secondly, the visit to the war remains was a significant event that drew a lot of memories as someone that had gone through the impact of civil war. Looking at the relics of the war, it triggered my understanding of the complexities of interstate and intrastate wars and their long term devastating impacts.
ウスさん 高校生が行っている世界平和と非核化についての「平和プロジェクト」の指導に携わったイベントがとても楽しかったです。このイベントでは、若者たちが平和をどのように捉えているのか、そして彼らが考える世界平和と安全保障の推進について知ることができました。そのほかに、日本にある戦争の遺跡を訪れたことは、内戦の影響を受けた者として多くの記憶を呼び起こす、とても意義深いイベントでした。戦争の遺物を見ながら、国家間・国家内の戦争がもつ複雑さや、その長期に及ぶ壊滅的な影響を理解しました。

PCS students visiting Musashino Historical Museum. 武蔵野ふるさと歴史館にて。

——By the way, how is your life in Fuchu, Tokyo?
——ところで、東京都府中市での生活はどうですか?

Ali Living in Tokyo comes with its pros and cons. The city is squeaky clean, people are super friendly, the food is phenomenal, and the infrastructure is unbelievable. However, Tokyo could be a bit expensive, so be careful while shopping. It is quite easy to be lured to spend money.
Living in Fuchu is perfect for students who need some time away from the never-ending noise of the crowded areas in Tokyo. It is also just 20 minutes train ride from the city center. Chou-bus, commuting around Fuchu-area, is very reasonable and convenient. Also, the relatively less crowded streets, filled with cherry blossoms in spring and green trees or flowers in other seasons, makes it ideal for biking, jogging or simply walking.
アリさん 東京での生活には長所と短所があります。都会はとてもきれいで、人々はとてもフレンドリーですし、食べ物は非常に美味しく、施設は信じられないほど充実しています。しかし、東京は少し物価が高いので、買い物には注意が必要です。お金を思わぬところで使ってしまうことが多々あります。
府中は、都会の喧騒から離れたところで暮らしたい学生には最適です。都心へのアクセスも良く、電車で20分しかかかりません。府中エリアの通勤・通学にはちゅうバスがお手頃で便利です。また、春には桜、それ以外の季節には緑の木々や花に恵まれ、比較的人通りも少ないので、サイクリングやジョギング、そして散歩も楽しめます。

Wusu Having spent almost three years in Fuchu city, I am astounded by the green and serene nature of the city. As Tokyo is known for its bustling population, Fuchu city, especially the university domain, holds a friendly academic environment with limited distractions as compared to other universities situated in downtown. The city also hosts several parks with beautiful nature that one can enjoy a great time with families and colleagues. It also hosts historical museums that one can learn about the history and tradition of Japan. Most importantly, it has both JR and Keio Lines to access downtown Tokyo easily.
ウスさん 府中市に3年近く住んでいますが、緑に溢れ、そのゆっくりと時間が流れる様子に今でも魅きつけられます。東京は人口が多いことで知られていますが、府中市、特に大学のあるエリアは、都心にある他の大学と比較して、集中もしやすいフレンドリーな学習環境が整っています。自然豊かな公園もいくつかあり、家族や同僚と一緒にのんびり過ごすこともできます。また、日本の歴史と伝統を学ぶことができる博物館もあります。そして何より、JR線と京王線が通っているため、都心部へのアクセスも簡単です。

——Have you ever had any difficulties in Tokyo? How did you overcome them?
——東京で苦労したことはありますか?どのように乗り越えましたか?

Ali At the onset, the language barrier was a bit challenging. However, the staff at the PCS office graciously and generously offered their time to help whenever needed. Survival Japanese lessons provided by PCS helped me with the very basics of communication.
Ali はじめは言葉の壁に少し苦しみました。しかし、PCSのスタッフが必要なときにはいつでも親切に時間を割いて助けてくれました。また、PCSのサバイバル日本語講座は、基本的な日本語のコミュニケーションに役立ちました。

Wusu One of the major difficulties was to interact with the Japanese. Considering my limited understanding of the language, it was hard to get along, especially making friends with Japanese. In a bid to address this, I had to learn basic daily Japanese conversation and join social media platforms that host both foreign and Japanese students. Secondly, it was initially hard to commute around Tokyo via train or bus. I got lost several times. I was able to overcome through the help of google map and understanding of the different train lines. Thirdly, I also initially had a problem with the time variance and unable to sleep at night for several months but was solved naturally.
Wusu 最も苦労したことの一つに、日本人との交流があります。日本語があまり理解出来なかったため、日本人との交流、特に日本人の友達を作るのは難しかったです。これを克服するためには、基本的な日本語の日常会話を覚えたり、留学生と日本人の学生が集まるSNSグループに参加しました。電車やバスを使って都内を移動するのもはじめは大変で、何度も道に迷いました。グーグルマップの助けを借りたり、電車の路線を覚えることで乗り越えることができました。そのほかに、時差のせいで、はじめの数ヶ月間は夜に眠れないこともありましたが、自然になおりました。

——What are your plans after graduating from the PCS doctoral program?
——PCSの博士課程修了後は、どのような活動をしていきたいですか?

Ali I plan to work as a researcher with think tank institutes and organizations after completing the doctoral program.
アリさん 博士課程修了後は、シンクタンク等の機関で研究者として働く予定です。

Wusu I look forward to working with an international governmental or non-governmental organization in areas related to peacebuilding, natural resource governance, and community development.
ウスさん 国際機関や非政府組織で、平和構築、天然資源ガバナンス、コミュニティ開発などの分野で活躍したいと思っています。

——How is your life in Japan under the Covid-19 pandemic?
——コロナ禍の日本での生活はどうですか?

Ali As rightfully stated, “you can turn every crisis into an opportunity.” I have been using the ‘stay-home’ time for self-growth. To speak of some, I have been taking online courses on quantitative methods, memorizing five Japanese kanji characters everyday and I recently published a peer-reviewed journal article. Taking the online course has been particularly valuable to explore the research set-up for my own PhD dissertation. Nonetheless, social distancing has been a bit challenging. I understand the necessity of it to control this new pathogen though. I jog regularly to keep the spirit, boost my immune system, and keep my shape.
アリさん 「どんな危機もチャンスに変えることができる」という言葉があるように、私は「ステイホーム」を利用して自分磨きに励んでいます。具体的には、オンラインで定量法の講座を受講したり、毎日漢字を五つ覚えたり、最近では査読付き論文を発表しました。定量法の講座は、自分自身の博士論文を計画する上でも非常にためになりました。とはいえ、新型ウイルスを制御するために必要であることは十分理解していますが、ソーシャルディスタンスを保つ生活はやはり大変です。私は定期的にジョギングをすることで、健康な精神を維持し、免疫力を高め、体型を維持しています。

ウスさん The current pandemic has posed a considerable challenge at both academic and personal levels. Prior to now, one of my papers was accepted at an international conference for presentation in Australia. Due to the travel ban, the event was organized virtually. But while staying-at-home, I took several online courses offered by overseas universities such as Humanitarian Assistance and Natural Resource for Sustainable Development both related to my research and gave me a new perspective. It is hard to adapt to the “new normal’ especially observing social distancing and limited movement, but I would like to state that there are such benefits from it as well.
ウスさん このパンデミックは、学業的にも個人的にもかなりの影響を及ぼしています。コロナ流行前、オーストラリアで開催される国際会議に私の論文が採択されました。しかし渡航禁止となったため、オンラインでの開催となりました。それでも「ステイホーム」中は、海外の大学が提供する「人道支援」や「持続可能な開発のための天然資源」などのオンラインコースをいくつか受講し、自分の研究に関係するものだったので、新たな観点を得ることができました。ソーシャルディスタンスや行動制限といった「新しい生活様式」に適応するのは難しいですが、このようにメリットもいくつかあると思います。

——Please give a message to anyone reading this article.
——この記事を読んでいる皆様にメッセージをお願いします。

Ali Waiting to see you in TUFS!!!
アリさん TUFSでお会いできるのを楽しみにしています!

Wusu Despite its limited intake, the PCS program hosts students from diverse backgrounds and encompasses courses linked to the global agenda-SDGs, particularly 5, 10, 16, and 17. It is important to know that SDGs can only be achieved where there are stable peace and security. Thus, with this understanding, one can better position to contribute to achieving the global agenda in both research and work.
Wusu 限られた人数ではありますが、PCSには多様なバックグラウンドを持つ学生が在籍しており、「持続可能な開発目標(SDGs)」、そのなかでも特に目標5(ジェンダー)、目標10(不平等)、目標16(平和)、目標17(実施手段)に関連した授業が揃っています。SDGsは、安定した平和と安全があって初めて達成できるものです。このことを理解していれば、研究と仕事の両面でSDGs達成に貢献することができると考えています。


前のページに戻る

to top - トップに戻る