「満洲」に渡った朝鮮人たち ~写真でたどる記憶と痕跡~

2019年6月
李光平・金富子・中野敏男・橋本雄一・飯倉江里衣(編著)
世織書房

内容の紹介

帝国日本によって植民地化された朝鮮を離れ、植民地「満洲国」へ移動を余儀なくされた朝鮮人農民たちがいた。そのような時間とアジアの場所とは何であったのかを証言し、現代とつなげてくれるのが、これら移動した朝鮮の人々である。本書はそれを、肖像写真・体験証言・分析論考でトータルに記録し、分析・紹介する。


前のページに戻る

to top - トップに戻る