「研究室を訪ねてみよう!」一覧

近藤信彰教授、イラン・ファーラービー国際賞受賞インタビュー

近藤信彰教授(アジア・アフリカ言語文化研究所)が、イラン政府主催の人文学賞である「ファーラービー国際賞」を受賞しました。本賞は、イラン国内の…

「この人たちのことばである言語、と関わる」 中山俊秀教授インタビュー

言語学との出会い ——本学のご出身だと伺いました。なぜ本学を受験しようと思ったのですか。 高校時代、興味があることは…

研究室の「秘宝」、お見せします!:ガルシア・マルケスのサイン本 ~久野量一准教授インタビュー~

東京外国語大学の研究室には、実に様々な「秘宝」が隠されています。それらは研究者の旺盛な知的活動を物語る宝でもあり、人生を象徴する宝でもありま…

多言語共存のライフスタイルが作品に〜シベ書道展開催記念〜 児倉徳和准教授インタビュー

2019年11月18日(月)から11月28日(木)の期間、アジア・アフリカ言語文化研究所(AA研)の1階資料展示室において、「シベ書道の世界…

丸山空大講師、日本宗教学会賞受賞インタビュー

~自分にとって本当に大切な問いをみつけるということ~ 本学の丸山空大(まるやま たかお)講師著『フランツ・ローゼンツヴァイク 生と啓示の哲学…

篠田英朗教授インタビュー:読売・吉野作造賞受賞記念!

篠田英朗教授(大学院総合国際学研究院、平和構築)の著書「集団的自衛権の思想史-憲法九条と日米安保」(風行社)が、第18回「読売・吉野作造賞」…

教えて!鶴田知佳子先生!中学生が聞いた、通訳のお仕事

本学の言語文化学部のグローバルコミュニケーションコースや大学院総合国際学研究科の世界言語社会専攻などで、通訳・翻訳学について教育・指導する鶴…

座談会:言語と文化の多様性を生きる

言語を取り巻く視線は、どこに立脚しているのか? 英語や地域共通語と母語の狭間で、日常の言葉はどう語られるのか? 社会的優位性をもたぬ言語をい…

八木久美子教授、辻静雄食文化賞受賞!

対象作『慈悲深き神の食卓‐イスラムを「食」からみる』(東京外国語大学出版会) 本学の八木久美子教授著『慈悲深き神の食卓‐イスラムを「食」から…

篠原琢教授、共訳の『エウロペアナ-二〇世紀史概説』で日本翻訳大賞受賞!

本学大学院総合国際学研究院の篠原琢先生が阿部賢一先生(立教大学准教授)と共訳したパトリク・オウジェドニーク著『エウロペアナ-二〇世紀史概説』…


to top - トップに戻る